ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

TEんWA(株式会社テンダ)

ビジネスチャットについて調べてみると、本当にたくさんのものが見つかりました。でもその中でわたしがもっともよいと感じたのは、株式会社テンダという企業が運営提供を行っている「TEんWA」というサービスです。このテンダという会社について知っているという人はあまり多くはないかもしれません。大企業というわけではありませんが、クラウドソーシングやラーニングシステムを開発し、中国にも支社を持つ実力派の企業です。

このTEんWAについて知ったとき「ああ、ひょっとするとこれからはこういう独自のサービスを提供できる企業が伸びるかもしれないな」と感じさせられました。それほどまでに、このTEんWAは他のビジネスチャットと異なる独自の魅力を持っているのです。

いったいその魅力とはなんなのかというと、単なるビジネスチャットではないということ。チャット機能によって遠く離れた社員同士がミーティングを行うことができるというだけではなく、なんとそれによって社員同士のロイヤリティを向上させ、うつ病を改善離職率低下につなげることができるというのです。

「本当かよ? なんか胡散臭くない」と思われるかもしれませんが、決してオカルトめいた機能が実装されているわけではありません。ストレートに言ってしまえば、ビジネスチャットに欠けてしまいがちな人間の感情の動きや思考をできる限り再現し、相手にうまく伝えられるようにするためのいろいろな機能が備わっているということなのです。このような面に配慮しているビジネスチャットはこのTEんWAだけ。人々のメンタルに関する問題が大きく取沙汰されるようになった昨今において、こうした「心への配慮」を重要視しているTEんWAは、非常に貴重な存在ではないかと思えます。

エモーションスタンプやありがとう見える化等ユニークなシステムを多数導入

社員同士やグループメンバー同士での会話機能のみならず、人と人との心理的なコミュニケーションの面にまでしっかり配慮しているこのTEんWA。その独自の試みというのはいったいどのようなものなのか、これから解説していきましょう。

まずTEんWAが気を配っているのは、文面から伝わってくる「感情」の問題について。相手からメールやLINEで送られてきた文面を見て「なんだかそっけない雰囲気がするな」「ひょっとして自分のこと怒ってやしないだろうか」とネガティブなイメージを抱いてしまうことはないでしょうか。

実はこれが非常に重要で、何かしらのシステムを用いて送信されてくる無機質なメッセージに対して、人というのはよくない、もっと率直に言ってしまえば冷たい印象を抱いてしまいがちなのです。直接対面している場合は表情の動きで、電話やボイスチャットであれば声の調子などで相手の感情を読み取ることができますが、メッセージのみだとそれができないというのが大きな理由ですね。

この無機質な問題を解決するためにTEんWAが導入しているのが「エモーションスタンプ」です。これは「笑い」や「楽しさ」等々人間のあらゆる表情をマンガチックに表現したスタンプで、利用者はメッセージにこのスタンプを添えて送れるようになっています。

エモーションスタンプによって何ができるかというと、まるで直接面と向かって会話しているかのように、相手に対して自分自身の感情を伝えることが可能なのです。このエモーションスタンプの機能を有効活用することができれば、言葉のあやで相手に余計な不信感を与えたり誤解を招いてしまうといったことはなくなりますね。

また、もうひとつのユニークな機能が「ありがとう」の見える化。利用者がチャット内で投稿したメッセージにはFacebookやLINEの「いいね!」のように「ありがとう」をつけることができます。そしてメッセージに送られた「ありがとう」の数は見えるようになっているのです。

この「ありがとう」の見える化機能によって、自分が行った業務やフォローに対してどれだけの人が感謝し、「助かった!」と感じているかを率直に理解することができ、チャットが無機質な雰囲気になってしまうのを防ぐことができるのです。

「まるで目の前の人と対話をしているかのような、こころあたたまるビジネスチャット」というと少々大げさかもしれませんが、TEんWAの取り組みを言葉に例えるのであれば、決して間違っていないでしょう。

発言している社員の健康状態をチェックする、ユニークな機能あり

現代社会において、社員の健康状態をないがしろにする企業は生き残れないといってもよいでしょう。特にシステムをフル活用しなければならないこの時代、身体および心の健康というのは不安定になりやすく、最重要課題となり得ることです。

そんな問題に対して、TEんWAはビジネスチャットでありながら効果的なサポートを行ってくれます。管理者は利用者の発言数や発言時間をデータ化し、統計を取ることが可能となっています。

統計によって、たとえば「発言回数に極端な幅がある人」や「発言時間が深夜や早朝に大きく偏っている人」といったような、健康的によくない状態の利用者をわかりやすく確認できるようになっているのです。

「人は石垣、人は城」ということばもある通り、いくらすばらしいシステムやアイデアがそろっていたとしても、それを支える人が倒れたり体調不良なってしまっては、元も子もありません。ましてや体力のない中小企業にとって欠員は由々しき問題と言えるでしょう。そうした致命的なリスクを防いでくれるというのも、TEんWAの魅力のひとつです。特に、業務時間が不安定になってしまいがちなシステム開発やデザイナー関連の企業にとっては、導入を検討する価値が大いにあるのではないでしょうか。

セキュリティに関しても万全の対策がなされているから情報漏洩の心配なし

高度情報化社会と言われている昨今、情報の漏洩というのは会社において大きなダメージとなり得ます。もし、秘密裏にすすめていた新しいアイデアが外部に漏れてしまえば大変な損害を被ってしまいますし、顧客情報が漏洩してしまえば大規模な信用失墜となってしまい、企業としての存続すら危うくなってしまいます。ビジネスチャットの利用においてもこれは決して例外的な問題ではなく、むしろ第一に対策されるべき事柄ではないでしょうか。

TEんWAもこうしたセキュリティに関する事柄に対し、かなり注力しています。たとえば、監視の行き届かない外部からの怪しげな接続に関してはIPアドレス制限を導入し、情報の持ち出しを許しません。また、万が一不正侵入に成功した正体不明のユーザーによってウィルスが拡散されることがないように、ファイルアップロードおよびダウンロードの制限も可能。ユーザーごとのファイル共有手段に細かな設定を行うことによって、不要かつ怪しげなファイルの蔓延を防ぎます。

さらに、データベースを暗号化することによる、利用者専用のシングルテナント環境も構築可能。これを実施すれば、誰にも知られることのない高度なセキュリティ環境化で業務を進めることができます。

こうしたさまざまな「防御法」の取り入れによって、TEんWAのセキュリティは万全の体制が保たれています。情報漏洩を許すことはありません。

TEんWAを利用した方の口コミ・批評を集めてみました

配慮された通知設定

ラインと比較され易いが、既読フラグが無い事が寧ろポジティブな印象。PCとスマホ、また複数のモバイルデバイスでも同時ログイン出来ます。

引用元:https://www.apple.com/jp/

→ビジネスシーンは心中含め常に穏やかとは限らず、緊迫とした状況下ではメッセージの通知や確認のひとつを取ってもストレスを感じる事は少なくありません。

TEんWAが持つ優れた機能のひとつが、口コミの意見にもあるようメーセージの確認をしたとしても既読フラグが付かない点にあります。LINE等を使用した場合、メッセージを確認した際に強制的に既読であることが相手側に伝わってしまいますが、TEんWAでは任意のタイミングでメッセージを確認した合図を送ることが可能な為、メーセージを受け取った側が返信や確認をコントロールし、そのストレスを減らす事ができると好評です。

スタンプの種類も300以上と豊富

使い勝手は悪くないですね。 スタンプがもっと種類が欲しいかなと思います。

引用元:https://play.google.com/store

→ビジネスチャットは基本的な機能を搭載しているのであれば、操作はより簡単な方が望ましいかと思います。TEんWAは株式会社テンダが自社内で一貫して開発しており、ユーザーからの要望や反響があった場合早いスパンで改善に取り組む事が可能なため、操作も簡単かつ機能もシンプルでわかりやすいと評判のようです。

また口コミの意見のように、社内連絡も時にはメッセージではなくスタンプを使用したくなる状況もあるでしょう。現在では総スタンプ数は300種類以上用意されており決して数は少なくないため、ビジネスシーンに適したスタンプを使用できるのも魅力のひとつです。