ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットの市場規模は?

ビジネスチャットの市場規模は?

 

現在では、ビジネスチャットツールを導入している会社が多くなってきています。
ITソリューションが中心となりつつある今の時代では、当然と言えば当然です。
その導入率は、企業全体の30%近くとまで言われています。
時代の波に乗り遅れないようにしましょう。

 

 

徐々にシェア率が高まってきたビジネスチャット

昔に比べても、はるかに多くの企業がビジネスチャットツールを活用するようになってきました。
企業全体でチェックしてみればわかりますが、その市場規模はおよそ30%近くにまで及んでいます。
要はそれほどまでに、常識的なツールになってきたと言うことです。
使いこなすことができなければ、時代の波に乗り遅れてしまうので、早い段階で使いこなせるようになっておきましょう。

〇導入のメリット
・ビジネスチャットツールを導入することによって、会社全体の情報交換を円滑に進めることができます。

・また、クラウド上でデータの共有が簡単にできるので、例えば出勤票等の情報もすべての会社員で共有でき、すぐに大きなメリットを感じられるはずです。
仕事で重要なデータファイルなどを、会社員全員ですぐに閲覧できたりするので、とにかく頼りになるツールと言えるでしょう。

・しかも、現代のビジネスチャットツールは、アプリとしてスマートフォンともスムーズに連動するようになっています。
パソコンのブラウザだけではなく、手元のスマートフォンでも簡単に開くことができ、会社とあっという間に連絡をとることが可能です。

メッセージでのやりとりだけではなく、無料通話ができるビジネスチャットアプリも多く存在しているので、昔に比べてもさらに利便性は向上したと言えるでしょう。

モバイル性のある端末とつながることで、時間と場所に縛られることなく、すぐにミーティングを展開できます。

 

会社全体の品質向上につながっていく

ビジネスチャットツールを使いこなすことによって、会社全体の連携力が高まり、業務の効率化にもつながっていきます。
という事は、すなわち会社全体の品質向上にもつながっていくでしょう。

〇まずは無料のもので試してみよう
しかも、ビジネスチャットツールは、ものによってはずっと無料のままで使うことができます。
もし途中で機能が物足りないと感じた場合は、課金することによって機能を追加することが可能です。
ただ、最初から機能を追加するのではなく、無料のままでも間に合う可能性があるので、とりあえずは無料で使い続けてみましょう。
どうしても必要になったときにだけお金をかけるようにすれば、無駄遣いを防ぐことにつながります。
実際にお金をかけてビジネスツールを利用すると、利用できるサーバーの容量が増えたりするので、確かに大規模でやりとりをするなら、有料コンテンツを利用した方が無難です。
個人事業主等が複数人のビジネスパートナーとやりとりをする程度であれば、無料のビジネスツールを使い続けるだけでも問題ないでしょう。
それこそ、パソコンのブラウザではなく、スマートフォンのアプリでやりとりをするだけでも十分だったりします。
そのビジネスの状況や希望によって、利用するべきビジネスチャットツールも大きく変わってくるので、よく考えて選ぶようにしておきたいところです。
利用している人の体験談などを参考にし、どのアプリにすればよいのかを考えてみるのが良いでしょう。

 

社内SNSとは趣が大きく違うコンテンツ

最近は、ビジネスチャットだけではなく、社内でSNSを展開している会社も多くなってきました。
会社の中で特定の情報を、共有のフィールドに発信し、情報を拡散するとともに、それについての意見を求めるといった趣になります。
明らかにビジネスチャットとは方向性が違いますが、これはこれで利用価値が高いです。
ビジネスチャットに関しては、SNSと比べてクローズなので、特定の人たちでミーティングやプレゼンテーションを行うときに向いています。
SNSもクローズで行うことが可能ですが、場合によっては情報の拡散のために、一般に情報公開するなどといったことも考えられるでしょう。
ちなみに、ビジネスチャットに関しては、極秘の情報が飛び交うこともあるので、情報漏洩に注意しておきたいところです。
ウイルスの対策等に関してはもちろん普段から行う必要がありますし、その他のセキュリティー対策も実践する必要があります。
そもそも、ビジネスチャットツールを利用する前に、そのツールが本当に安心して使えるものなのかどうか、先に確認しておいた方が良いでしょう。
セキュリティー対策を簡単に行うことができるツールやアプリなのか、事前に見極めておけば、無難なものを選べるようになります。

〇まとめ
ビジネスチャットツールの利便性を考えれば、市場規模の拡大に関しては、うなずける話だと言えるでしょう。
様々な企業が取り入れている今、選ばれ続けているビジネスチャットツールを取り入れることで、他社やクライアントとの連携力を高めることにもつながります。
もちろん、社内でファイル共有し、情報交換するといった基本的な機能も健在です。
モバイル端末ともうまく連動させて、ぜひともビジネス全体の作業効率化を図ってみましょう。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧