ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャット導入におすすめの職業とは?

インターネットが発達した近年では、仕事の効率化や正確性を図るための便利なツールとしてビジネスチャットを導入する職業が増えてきています。

とはいえ、どれでもよいわけではなくその職業に無駄がなくぴったりのものを導入する必要があるでしょう。

そこで、どのようなおすすめのビジネスチャットがあるかを事前に確認する必要があるわけです。

 

製造業でビジネスチャットを使う場合

製造業の課題の一つは、社内における円滑なコミュニケーションができていないことで無駄な残業が増えてしまうことです。

もちろん、小規模の製造業ならば各部門の連携がとれている可能性がありますが、100人単位の職場やそれ以上の人数がいる場合にはなかなかコミュニケーションをとることができないことが多いです。

この場合起こりうる現象としては、社内でメールや情報共有を行う過程で無駄が生じてしまうことです。

また、頻繁に会議などを行い結果的に無駄な時間を使ってしまうことが少なくありません。

逆に会議などをなくしてしまうと、業務の効率化を図ることができますがその反面コミュニケーション不足からミスなどが頻発する恐れがあります。

そこで、ある程度規模の大きい製造業では、ビジネスチャットを使うことにより各部門同士のコミュニケーションを図ることができるようになります。

おすすめの方法は、可能なかぎり会議を減らしその代替手段としてチャットを利用することです。

日本の企業では、会議に使う時間は一回当たり1時間から2時間ですがそこに参加する人数が多ければ多いほど一つの事案を決めるに当たり消耗する時間が増えてしまいます。

会議の場合には、無駄な発言には提案なども多く、時間が犠牲になってしまいます。

ですが、チャットを使って文字化することにより、わざわざ無駄な提案をすることはなくなります。

すべての会議をなくす必要がありませんが、可能なかぎりチャットで行い情報共有し、必要あれば発言をする仕組みを利用すれば一気に残業を減らすことは可能です。

 

テレアポの現場におけるビジネスチャットの使い方

テレアポでも、ビジネスチャットが役立つ場面も多くあります。

中でも顧客から電話がかかってくるパターンにおいてはビジネスチャットを利用することで合理的に仕事を進めることが可能です。

直接顧客が電話の向こうにますので、何か質問があった場合にはすぐに対応できなければいけません。

従来ならば、顧客から質問があってすぐに答えられない場合には、わざわざほかの人に聞きに行ったり上司に質問したりしました。

これにより移動する時間がかかるだけでなく、問題解決できないことも多くなったわけです。

その結果顧客を待たしてしまいクレームになる事例が少なくありませんでした。

ですが、現場でビジネスチャットを使うことにより、その場から動かず上司などにパソコンを通じて質問することができ即座に明確な答えが返ってくることも少なくありません。

また、最近のビジネスチャットでは、ある程度大きな規模のデータを送ることも可能になっています。

例えば、顧客から料金について尋ねられた場合すべてを暗記しているならば問題ありませんが、暗記していない場合や手元に料金表などがない場合があります。

この場合、チャットを通じて料金表などの大きなデータを送ることができればわざわざ手打ちで対応するのではなくボタンを一回押すだけで対応できてしまい、時間の効率化を図ることが可能です。

このような場面が想定される場合、ある程度容量が大きいタイプのビジネスチャットを導入しておいた方がよいかもしれません。

 

営業におけるチャットの使い方とは?

ビジネスチャットは、営業職においても非常に重要な役割を果たしています。

ビジネスチャットを上手に使うことで、営業職の仕事を効率化することができ、重要な契約を逃さないことが可能です。

一般的には、営業活動する場面で値引き交渉などが発生することがあります。

値引き交渉に関しては、その場で営業マンが相手との間で交渉できる範囲も多いです。

あらかじめ、いくらまでなら値引きをしても問題ないとその場にいない上司から告げられているからです。

しかしながら、その金額を微妙に超えている場合、営業マン与えられた権限の範囲外になってしまいますが、交渉することができることも少なくありません。

もしそこで交渉しなければ、会社にとって大きな損失になってしまう場合は交渉した方がよいと判断できます。

この場合、あらかじめ上司から許可を得た金額よりも割引をしなければならないとすれば、勝手な判断をすることができません。

かといって、いつまでも上司からの返事を待ち顧客を待たせておくのも印象が悪くなってしまいます。

やはり、顧客側も値引き交渉するにあたり迅速な回答が欲しいと考えていますので可能な限り短期間で返事をする必要があります。

その時、その場にいない上司に対してビジネスチャットを利用して承認を得ることができればすぐに返事をすることができ、より有利に契約をすることができるでしょう。

結果的に、即座に返事をもらうことができるビジネスチャットを使えば、重要な案件でも時間をかけずに結果を出すことが可能になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
記事一覧

ビジネスチャットおすすめ5選

商品画像
商品名TEんWAChatWorkSLACKchatluckLINEWORKS
特徴チャットだけでなく、社員のメンタルにも十分な配慮導入企業170,000社以上の豊富な実績と信頼海外ではメジャーな存在。ユーザー数200万以上ビジネス業務に特化したデザインや機能が使いやすいと評判超有名アプリとの連携も可能です!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ