ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

人気があるビジネスチャット3選

人気があるビジネスチャット3選

ビジネスチャットは多くの企業で導入されています。
いろいろなビジネスチャットがありますが、その中でも人気のある3つのビジネスチャットをピックアップしてみましょう。
そして、それぞれの特徴やメリットなどを紹介していきます。
導入を検討している個人や企業にとって参考になるはずです。

 

他とは多少使い勝手が違っている

ビジネスチャットの中でも特に人気があるのは、株式会社テンダのTEんWAです。
テンダと聞いても知らない人は多いかもしれません。
知名度は高くありませんが、こちらのビジネスチャットは他と多少の違いがあります。

〇特徴
ビジネスチャットというと、社内でチャットとして社員同士が連絡を取り合うのに活用したり、取引先との仕事の進捗状況を知るためにやりとりしたりといった形で利用するものです。
ところが、TEんWAのビジネスチャットはもっと有効的に活用できるのです。

・例えば、支店や支社というように遠方で働く社員との交流を深めることもできます。
場合によっては遠く離れた支社の社員と、ビジネスチャットを通してミーティングを行うこともできるのです。
このように使用することによって、社員同士の交流を深め、社内の人間関係を良くしていくことができるわけです。

結果的に社内の人間関係が良くなれば離職率も低下していきます。
そのため、離職率が高く、社内の人間関係が希薄化している企業こそ、導入してみるといいでしょう。

特に遠方の支社で少人数で仕事をしている社員は孤独になりがちです。
閉塞感から、精神的な病気を発症してしまうこともあります。
ところが、このようなビジネスチャットがあれば頻繁に本社と連絡を取り合えるので安心です。
孤独感も閉塞感もなくなり、細かな仕事のやりとりもできやすくなるはずです。
まだ支店や支社を立ち上げたばかりといった企業にこそ、有効的なツールと言えるでしょう。

・それに、TEんWAはメンタル面に寄り添った機能を設けているところが他にない魅力でもあります。
人や精神面への配慮がなされているところが人気の理由でもあるのです。

 

多くのユーザーに利用されている

ビジネスチャットの中でも多くの人に知られているのはChatWorkです。
企業に勤めていない人でも目にしたり耳にしたりしたことのある人は多いことでしょう。
それだけ知られているのはユーザーが多いからです。

〇特徴
・一部は無料で使用することも可能です。
特に多くの人が利用している理由はクラウドソーシング系のサービスとしての利用です。
個人で仕事をしている人でも、ChatWorkを使えばフリーではたらく人へ仕事を投げたり返してもらったりすることもしやすくなります。

無料版だけの利用でも仕事として成り立ちやすいため、多くの人は無料版を利用しています。
無料版でも多機能なのです。

・また、他のビジネスチャットではメッセージを送信すると削除できないのですが、こちらでは削除することができます。
誤字脱字で取り消したい時などにおすすめです。
チャットのやりとりによって誤解が生じたり、取引先との関係がこじれてしまったりすることは多々あります。
そんなことを回避するためにも、送信したメッセージを取り消せる機能は有効的でしょう。
使い方も簡単なので、個人的に利用する人も最近は増えてきています。

 

海外製でも日本で支持されている理由

ビジネスチャットの中でも異例とも言えるのは、海外製のSLACKです。

〇特徴
・日本人なら日本製のものを導入したいと思うことでしょう。
しかし、海外製でありながらもSLACKは多くのユーザーを確保しています。
つまり、世界中で利用されているのです。
このような理由から、日本でも少しずつユーザーが増え始めています。

・また、ビジネスチャットとしては使いやすいという声が多くなっているところもおすすめです。
通常、フリープランによって無料で利用できるようになっています。
有料プランになるとさらに多機能となってくるので、たくさんチャットを使いたいという企業は有料で使ってみるといいかもしれません。

企業間での話し合いをはじめ、音声通話やビデオ通話といったものもあります。
そのため、海外製といっても様々な使い方ができて便利なのです。
このような点が国内でも受け入れられてきています。

・それから、無料で試しに使ってみるといったこともできます。
まずはどんなものか知りたいという人は、お試しをしてみましょう。
それから正式に導入することにすれば損をすることもありません。

〇まとめ
上記のように、それぞれの特徴を把握した上で個人や自社にとって有効的なビジネスチャットを導入しましょう。
導入を検討している企業は社員の要望や意見なども取り入れた上で決断することをおすすめします。
もちろん、個人で働く人にとっても有効的なツールです。
最近は在宅勤務やフリーで働く人も増えてきていることから、提携している企業とのやりとりでビジネスチャットを使用する人が増えてきています。
どのビジネスチャットが使いやすいのか、まずは試しに使ってみるのもいいかもしれません。