ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットの魅力とは?

社内でのコミュニケーションがうまくできないと、業務上のトラブルにつながります。
連絡、情報の共有などできるだけスムーズにそして正確に行うことが求められています。
その点から電話やメールなどを駆使して行うことが主流でしたがそれ以外の方法としてチャットを利用するという方法もあります。
リアルタイムで用件などを簡潔に送信可能な点やそのほかにもさまざまなメリットがあるためどのような魅力があるかチェックしていきましょう。

どこにいても会議を行うことができる

ビジネスチャットの魅力の一つが複数の方とコミュニケーションがとれる点です。
チャットに参加している方は会話の内容をチェックできメッセージを書き込むことができるため複数の方の情報の共有や意見交換がスムーズに行うことができます。
また、インターネット環境が整っている場所なら会話にいつでも参加できるため、会議などを行う場合には全員が一同に顔を合わせての会議をしなくてもチャットを通じて離れた場所でも参加可能な点はメリットの一つといえるでしょう。

別のメリットとしては会議などの場合には複数の人と同じ室内に集まることで直接コミュニケーションをとれる点はメリットですが、対面していることで発言しにくいということもあります。
プレッシャーを感じてしまうことで言い出しにくい、性格的にあわない人が参加していると言葉ではなかなかいえないなど人によって苦手意識を持つ方もいます。
そのような点からもネットを通じたチャット形式ならば、苦手な方などと対面しなくてもすむため、プレッシャーなど比較的感じずに自身の意見をいいやすい状態で会議をすすめることができます。

それ以外にも会議での決定権を持つ方などがいる場合に、チャットなら履歴をたどることでどのようにして結論に至ったのか、なぜこのような状況になったのかなどいちいち確認をとらなくても把握できるようになるため、よりスムーズな会議の進行ができる点もメリットといえるでしょう。

プロジェクト管理も楽になるのが魅力

プロジェクトを進行する場合、時には緊急の対応をすることもあります。
この時点で全体に対して連絡を正確に行うかつ、迅速さが求められますがチャットで伝達を行うことで関係している全員が内容を把握しやすくなります。
また、状況によっては「対応がわからない」「全体から意見をききたい」などの場合でもチャットでさまざまな意見を気軽にきけることによりトラブルなどに対処しやすい、解決において時間短縮につながる点は大きなメリットです。

また、プロジェクトにおいて経験が浅い方が参加する場合があります。
ほかの人と比べて、わからないことも多く疑問やどのように対処したらいいか自身で判断することが難しい状況などもでてきます。
直接同じプロジェクトに参加している方に聞くというのも一つの方法ですが、直接聞くのは気がひける、聞きづらいという場合でもチャットならコミュニケーションがとりやすいため悩みを抱えず問題を解決できます。

また、プロジェクトによっては専門用語などがわからずに悩むこともあります。
その場合でもチャット内でコミュニケーションをとることでその用語を調べることも可能なため、勘違いや理解できないということも回避できる点はメリットの一つです。
その他にもプロジェクトごとにグループ分けをしてチャットを行うこともできるため、目的によって複数のグループチャットを作りその中で更新があるチャットをチェックすれば進行状況の管理や確認がしやすいため効率化をはかるためにもグループチャットをうまく活用していくことが大切です。

メールより簡単にやりとりができる

メールの場合には内容にミスがあっても送信後に内容を修正できないというデメリットがあります。
送った内容が間違いだったと修正したメールをあらたに送るなどして対処しなければならず二度手間です。
このような点においてもビジネスチャットなら送信後にもテキストの修正が可能なため比較的手間もかからずに済む点はメリットの一つといえるでしょう。

また、メールの場合には、冒頭などに定型文などを入れて送信することも多いですが、そのような文面を入れずとも会話感覚でコミュニケーションを取れるのがチャットのメリットでもあります。
返信なども簡単、簡潔なコメントで行えるためパソコンやスマートフォンなどを通じて気軽に返信できる点はメリットといえます。

チャットの場合には検索も優れている点の一つです。
履歴をたどるためにキーワード検索を行い送付ファイルなどを探し当てる、やりとりの内容を再度確認してみるなど気軽に行えるため利用してみましょう。

 

ビジネスチャットの魅力は多く、社内におけるコミュニケーションを円滑にするためにも利用してみましょう。
社内でのスピーディーな伝達、確認、情報の共有が行えるようになれば作業の効率化につながり業績にもいい影響がでる可能性もあります。
導入することにより操作に慣れず手間取る時期はあるかもしれませんが、慣れることにより今まで以上に社内でのコミュニケーションがとりやすくなり様々な点でメリットが生まれるはずです。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧