ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットのシェア率は?チャットの市場規模と導入状況について

ビジネスチャットと呼ばれるサービスが存在します。

簡単に解説すると会社の中で、これまで電話や電子メールなどでやり取りをしていた意思疎通やコミュニケーション、情報交換がチャットという形のアプリによりスピーディで簡単にコミュニケーションがとれるようになり業務を効率的に進めたり意思が統一されていないことで起こるトラブルを防いだりすることが期待出来る新たなサービスです。

 

スタッフの団結が高まるのがメリット

ビジネスチャットはチャットという形で情報を伝えるのが原則なため、かつては電話や電子メール、社内のSNSでやり取りしていた情報の伝達や共有が大幅にスピーディになり会社の中で迅速に情報が共有できることが期待出来ます。

また、それだけではなく短いメッセージをスマートフォンなどで入力して送ることが可能なためスタッフ同士の意見の交換もしやすくなり団結力が高まり、コミュニケーションをとるのが苦手なスタッフも勤務先に馴染みやすい状態になるというのもメリットです。

日本国内だけではなく外国からも色々なアプリが取り揃えられていて有償版のアプリもあれば無償版のアプリもあります。

パソコンからアクセスすることが出来るのはもちろんのこと、タブレット端末やスマートフォンなどといったモバイル端末にも対応しているので2人でしか会話することが出来ない電話とは異なり何人かの人にまとめて送信して、それぞれの人が離れたところに居ても小規模な社内会議を開くことも可能です。

短いメッセージを1つの画面でまとめて閲覧することが可能なため電子メールよりスピーディな行動が出来ます。

迷惑メールなどが着信するようなことも、もちろんありません。

アプリによってはスタンプを1つ送るだけで気軽に挨拶などをすることも出来るため会話が面倒臭いという人にも適していて、コミュニケーションをとることに躊躇している人でも一歩前に踏み出すことが出来るきっかけになる可能性があります。

 

シェア率は3割ぐらいで外国のほうが導入は進んでいる

ビジネスチャットのメリットを知ることが出来ると今度はシェア率や市場規模が大きいのか、導入状況はどうなっているのかが気になります。

総務省の統計によるとビジネスチャットのアプリサービスの市場は年々大きくなっていて、日本国内では民間会社のおよそ3割ぐらいが使用しているというシェア率です。

外国ではより一層一般化してきていて、ある大手企業が提供するビジネスチャットのアプリは利用者が200万名を超えているというほど大きな市場規模となっています。

ですのでビジネスチャットの種類とシェア率は外国の方が日本国内よりも多いという導入状況になっているのです。

これは日本人は集団で行動することが得意で、どのような団体でも、ある程度最初から統率をとりやすいのに対して外国では個人による実力主義で業務を行っているため他のスタッフとの連携していくことが苦手なために専門のツールを利用して個人個人の業務を一体化させる作業をする必要があったからです。

そのためビジネスチャットは外国で発展していきアプリも外国のメーカーものが少なくありませんが、このことはビジネスチャットを利用するデメリットとなってしまうのです。

自分の会社にビジネスチャットを導入する基準として求められる要因が安全性と使い心地、サポート体制であると言えます。

しかし外国製のビジネスチャットは性能が良くないアプリも多く、利用料金を支払っているのにも関わらず物足りない機能しか搭載されていないことが少なくありません。

 

市場規模は年々大きくなってきている

ビジネスチャットはコミュニケーションを1対1でとるのが基本となる電子メールよりも、複数の人たちとの間でやり取りをするのに非常に便利なだけではなく個人用のSNSよりも範囲を限定して情報を共有したり発信したりしやすいメリットが評価されてシェア率が高まってきています。

2014年の時点で社内SNSサービスはおよそ26億円もの市場規模があり、前の年のおよそ1.3倍に拡大しているのです。

更に2017年には社内SNSサービスの市場規模は、およそ44億円に成長しています。

社内SNSサービスを導入している会社はビジネスチャットを導入することを検討する可能性が高いのでビジネスチャットの市場規模は拡大していると言えるのです。

しかし、ビジネスチャットのサービスを提供しているのは大手の外国のメーカーがほとんどとなっています。

大手の外国のメーカーが提供しているリリースしているビジネスチャットでも機能が独特で使い心地が良くなかったり、ややこしかったりすると利便性が損なわれてしまうのです。

また、やり取りをした内容が製造元である外国のメーカーに漏れてしまうリスクが拭いきれません。

不具合が発生したとしても外国のメーカーの場合は対応をしてくれる可能性が低いです。

そのため希望した改善をあまり期待することが出来ません。

ですので近頃では日本国内のメーカーが提供しているサービスが注目を集めています。

日本国内のメーカーであればセキュリティもしっかりしているので安心して利用することが可能です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
記事一覧

ビジネスチャットおすすめ5選

商品画像
商品名TEんWAChatWorkSLACKchatluckLINEWORKS
特徴チャットだけでなく、社員のメンタルにも十分な配慮導入企業170,000社以上の豊富な実績と信頼海外ではメジャーな存在。ユーザー数200万以上ビジネス業務に特化したデザインや機能が使いやすいと評判超有名アプリとの連携も可能です!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ