ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャット発展の歴史

働き方改革が謳われる現在ですが、ビジネスチャットを導入するだけでも企業の業務は大幅に改革されることは是非知っておきたい点です。

実は長きに渡る歴史のあるツールで、すでに10年以上第一線で使われ続けて来たものも少なくありません。

どんな発展の仕方をして来たのか、いまなぜこうあるのか、是非その変遷を勉強してみましょう。

 

 

 

いまでは当たり前となったチャットシステムとは

チャットは、リアルタイムにたくさんの人が同時に文字入力出来るシステムのことです。

そんなツールがいつ生まれたかというと、1971年に世界初のチャットシステムが登場しています。

そこから様々な改良が加えられ、1980年台には現在のサービスにもつながるような、パソコン通信でのチャットルームのサービスが始まりました。

1990年台に入るとチャットソフトも大幅に増え、チャット自体が日常的なコミュニケーション方法として生活の中にも浸透して行きます。

1995年にはパソコンによるインターネットが一般に広く普及し、チャットはプライベートな位置づけから徐々にビジネスツールへと変化を始めることになります。

チャットも登場当初はweb上にルームを立ち上げて、そこに人が集まるという手段だったので、限られた時間に限られた仲間が集う場というイメージでした。

そこから特定の個人と個人がアカウントで紐づけられるようになり、いつでもコンタクトを取りたい相手と繋がるようになったのは革新的でした。

それなら電話で話せば良いという考えもありますが、チャットは電話のように相手の時間を束縛せず、お互いが都合の良い時に見て短い言葉でやり取りできる気軽さが歓迎されたわけです。

 

社内に正式導入する企業が登場する

実はチャット黎明期に会社勤めなどをしていた人には身に覚えがあるかもしれませんが、会社のメインサーバを通さず特定の相手とチャットできるツールは、業務中の息抜きにも最適でした。

仕事中、同僚とちょっとした会話をしたり、他愛もないおしゃべりをしたりするのは、声に出したり席を外したりすると目立ちますが、チャットならモニター内でこっそり出来たからです。

一時期はそうした行為を厳重に禁止し、情報漏洩につながるとして強制的にアンインストールする企業も多くありました。

もちろん仕事そっちのけでチャットに夢中になるのは問題ですが、チャットツールのリアルタイム性、レスポンスの速さなどを評価し、正式にビジネスユースにしようという動きが出始めます。

チャットの効率性の高さを理解することは、業務をおろそかにするどころか生産性を大幅に向上させることだという考え方です。

日本でもこうした考え方が徐々に浸透し始めたのは、おそらく2010年台でしょう。

共通するチャットツールを会社が正式に導入し、れっきとした指定ビジネスツールに昇華させた時期です。

 

課題は使い勝手とセキュリティーの強固さ

初めてでも直観的に使えること、起動したままでもシステムに負荷がかからないことは大前提です。

そして、企業の情報を漏洩しない、外部から侵入させないセキュリティーの高さも大きな課題でした。

現在第一線で多くの企業に採用されているチャットツールは、まず何をおいてもこの2点は注力して開発されています。

特にチャット上にファイル添付ができる仕様ともなると、いつでも手軽に外部に重要データが流れてしまう危険があっては大問題です。

日本で10年以上ビジネスユースだけを考えてツールを開発してきたメーカーは、こうした点も踏まえて、あえて社外ともやり取りが可能なツールを現在提供しています。

更には2017年に事務や人事、会計などバックオフィスをサポートするビジネスツールもリリースされていますので、今後更なる発展が見込めるでしょう。

 

ビジネスチャットの歴史は日本でもすでに10年以上の長い期間を経ており、多くの実績と共に熟成されています。

チャットシステムが世界に登場したのが1971年、そこからプライベートツールを経てビジネスツールへ、社内ツールから社外ツールへと進化を遂げ、今後は更にバックオフィスツールとしての発展も見込まれています。

すでに国境を超えて口頭でのコミュニケーションに近い意志の疎通が可能なレベルにまで達していますが、今後どのような歴史を刻むのか期待しかありませんね。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧