ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

無料と有料で利用できるビジネスチャットの機能の違い

ビジネスチャットを利用したいなら、無料版と有料版の違いについて知っておくことをおすすめします。

利用できる人数の規模やサービスなどが変わってきますので、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

同期する機能などオプション機能が充実しているタイプを選べばより使いやすくなることもあるので、導入を検討しているときの参考にしてみて下さい。

 

無料で提供されているビジネスチャットの機能

ビジネスチャットを導入するメリットはインターネット環境が整っていればいつでもどこでも会議が可能で、修正機能や検索履歴機能があるためメールよりも管理が簡単になるという点です。

情報共有が簡単になるほか、グループ分けで情報の整理ができるためどの部分の議論で更新があったのかも確認できるという魅力があります。

取引をスムーズに行えるツールの一つと言えるでしょう。

無料版であればコストを抑えたうえで利用することが可能です。

ビジネスチャットには完全無料のものと、有料版の機能を少なくしトライアル版として提供しているものとに大きく分かれています。

大きな違いは利用できる人数の規模です。

同時にチャットに参加できる人数に制限がかかることもあるので、小規模の会社には向いていますが大手の企業にはあまり向いていないと言えるでしょう。

そのため利用頻度や規模を考えて使えばお得なサービスとなっています。

無料版のビジネスチャットを試用すれば取引先との連絡やタスク管理機能を重視するか、あくまで社内会議のために利用するかなどビジネスチャットに何を求めているかをはっきりさせることも可能です。

目標達成状況をグラフにして可視化するタイプのものや、写真にコメントをつけることがでるものなど様々なタイプのものが提供されているので、比較するのがおすすめです。

無料版は本格的に導入を行う前に機能を確かめるためのトライアル版として利用してみてはいかがでしょうか。

 

有料で提供されているビジネスチャットの機能

有料で提供されているビジネスチャットの機能としては、チャットに参加できる人数が無料提供されているものよりも多いという特徴があります。

そのため雇用者や取引先が多い企業の場合には有料版を使用すると機能が制限されて困るという心配を少なくすることが出来ます。

参加できる人数の規模はビジネスチャットを提供している会社によって異なるほか、後から人数を増やすことが可能な会社もあるのでサービス内容を予め確認してから選ぶことが大切です。

有料版はどの機能を誰がどこまで使えるかの権限を細かく設定できるほか、情報の漏洩や不正アクセス対策などのセキュリティ対策がより高いことが魅力です。

ビデオ通話の対象人数やストレージの容量を増やすことができるので、ファイルや画像の送受信も頻繁に行うのなら有料版を選ぶと良いでしょう。

ストレージが増えれば受信が遅いなどのトラブルを減らすことができるため、円滑にストレスなくビジネスを進めることができるというメリットがあります。

有料版のトライアル版にはあまりありませんが、完全に無料で提供されているものの場合には広告が表示されることもあります。

広告が目に入ることで集中力が落ちることを避けたいのなら、はじめから有料版を選択するのも良いでしょう。

送ったメッセージを確認したかどうか分かる既読未読の機能や、膨大な過去ログの中から必要事項を検索できる機能があればより効率的に仕事を進められるのでおすすめです。

 

無料版・有料版どちらの場合にも気を付けておきたいポイント

仕事でコミュニケーションを円滑に行えるビジネスチャットを選ぶ時に気を付けたいポイントとしては、ストレージの容量や同時に利用できる人数だけではなく利用できるファイルの形式にも注目して選びましょう。

Office系のWordやExcelはもちろん、会議などでよく使われるPowerPoint、PDFは必須と言えるでしょう。

いくら無料で利用できるといっても、よく使用するファイルの送受信が出来なければ元も子もありませんので注意して下さい。

Office系以外にもJPEGやTIFFなどの画像ファイルや、メモ帳などのTEXTファイルに対応しているとより便利です。

日ごろからどんなやり取りが必要とされているかを確認し、欲しい機能が付いているビジネスチャットを選ぶことがどちらのタイプを選ぶか決める上でも肝心です。

ビジネスチャットを導入する上で欠かせない点としてはセキュリティ対策が出来ているかも確認が必要です。

通信内容は暗号化してくれるかや、様々なデバイスを利用する場合認証は可能なのかもチェックしておきましょう。

ガラケーとも呼ばれるフューチャーフォンを利用できるタイプもありますので必要な場合には検討して下さい。

本格的に導入を決めた時にはまずトライアル版を1つのプロジェクトチームなど少人数で運用してみるのがおすすめです。

大人数でトライアルを試した場合には意見が膨大になり過ぎることもあるほか、他のビジネスチャットを試すための切り替えも大変です。

セキュリティ面と社員が仕事で使いこなせるかを検討してから本導入をすると失敗を防ぐことが出来ます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
記事一覧

ビジネスチャットおすすめ5選

商品画像
商品名TEんWAChatWorkSLACKchatluckLINEWORKS
特徴チャットだけでなく、社員のメンタルにも十分な配慮導入企業170,000社以上の豊富な実績と信頼海外ではメジャーな存在。ユーザー数200万以上ビジネス業務に特化したデザインや機能が使いやすいと評判超有名アプリとの連携も可能です!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ