ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

セキュリティ面が強いビジネスチャットの特徴とは?

ビジネスシーンで重要性が高まりつつあるビジネスチャットですが、デメリットとして考えられるのがセキュリティ面の不安ではないでしょうか。

昨今の情報漏洩が大きな問題となる風潮においては、このようなシステムを活用することは心配かも知れませんが、このような懸念は現在では必ずしも正しいとは言えません。

多数の企業が導入を進めている背景にはセキュリティ面の刷新・進歩があります。

 

ビジネスチャットの不安は解消されつつある

インターネット環境を活用する上では情報セキュリティへの配慮は欠かせません。

この点でビジネスチャットはセキュリティ性が甘いと考え、導入を見送ると言う選択をすることもしばしばあったはずです。

しかしこの懸念は正しいのかと言えば、システムの改善が見られた現在のソリューションを考える果たしてどうでしょうか。

現在ではICT技術はセキュリティ面でも大幅な改善・進歩が見られます。

例えば利用者の多重認証システムの進化や暗号化技術の発展は著しく、20年前とは正に隔世の感があるほどです。

これらの技術の進歩によって、以前は危険とされたオンラインバンキングも、現在はシステム欠陥による事故は減少しています。

ビジネスチャットにおきましても、このような認証システムや暗号化技術は標準的に装備されているケースが増えてきました。

これによってビジネスに関する情報をチャットでスピーディーに共有しつつ、その管理についても行いやすくなっているわけです。

SSL対応の場合でしたら例え傍受に成功されたとしても、暗号化されたデータの解読は事実上不可能に近いと言えます。

したがって現在の技術が向上しているツールについては、セキュリティに問題があると言う思い込みで導入を回避するのは、現実的ではないと言えるでしょう。

どのように安全面に配慮されているかや、情報保護のための機能についてしっかりと調査してから、判断を行っても遅くはないと考えられます。

 

どのような安全対策が施されているのか?

現在のビジネスチャットツールに搭載されている、セキュリティ関係の機能について見ていきましょう。

多彩な安全策が用いられていますので、導入の検討段階ではそれぞれの特徴を押さえておくことは重要です。

まず認証システムにおいては多段式・多方面での対策が実装されているケースが増えてきました。

旧来でしたらID・パスワードがあれば良いという簡易なセキュリティでしたが、現在の情報テクノロジーでは端末やIPアドレスで制限を加えることも可能となっています。

これは自社以外のネットワークや機材からアクセスしようとした場合にシャットアウトできるので漏洩を未然に防止可能です。

管理者権限も強化されており、ファイルのアップロード・ダウンロードの許可・不許可を切り替えたり、監視機能の導入やログ削除機能などが盛り込まれる場合も増えてきました。

これによってデータが持ち出されるリスクを低減することが可能です。

ネット通信では暗号化技術が用いられる場合が基本になってきました。

この暗号化技術はネット環境ではなく、自社のデータサーバに用いられる場合もあります。

自社サーバを暗号化することで第三者が不正にデータを取得しても、これを解読されるリスクを低減可能です。

もちろん不正アクセスの遮断は、現在のITにおいては当然に実装しておくべき機能でしょう。

侵入検知システムやファイアウォールの導入がなされているツールが見当たります。

これらのセキュリティについてはISO準拠で運用している提供会社も出てきました。

大手ネットショップサイトなどで実績を重ねているようなツールを選ぶことも可能です。

 

他のツールと比べて考えてみよう

上記のように情報の安全性を高める工夫がビジネスチャットには盛り込まれています。

これを導入するか否かを考える時には、他のツールとの比較を行って行くと良いでしょう。

トータルで見て最も適切なソリューションを見定めていくことがおすすめです。

まず、eメールは基本的に導入している企業が多数と考えられます。

これは運用実績も長くて、多くの会社が導入しているので安心に感じる方も増えてきているかも知れません。

しかし問題は無いわけではなく、やり取りのスムーズさに欠ける点と、誤送信による情報漏えいリスクが懸念材料です。

eメールでは特に相談を繰り返して行くような場合では、時間のロスが気になるケースは多いかと考えられ、実際に大手企業でもこの問題点のためにビジネスチャットを導入した場合も見られました。

誤送信の方は防止困難で、顧客情報を取引先に送信してしまうようなリスクは否めません。

またビジネスチャットを導入しないばかりに、従業員が勝手にネット上のチャットを利用したり、SNSを利用するようであれば、これは地雷源に足を踏み入れるようなものです。

トラップを仕掛けられたり成りすましの被害にあうリスクが考えられるでしょう。

ビジネスチャットは迅速なやりとりが可能で、一般的なオンラインチャットやSNSのレベルでは無いセキュリティが実装されています。

管理者権限で情報をコントロールできるのもメリットですので、安全に自社内の情報の流れを最適化したい時には、じっくりと調査してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
記事一覧

ビジネスチャットおすすめ5選

商品画像
商品名TEんWAChatWorkSLACKchatluckLINEWORKS
特徴チャットだけでなく、社員のメンタルにも十分な配慮導入企業170,000社以上の豊富な実績と信頼海外ではメジャーな存在。ユーザー数200万以上ビジネス業務に特化したデザインや機能が使いやすいと評判超有名アプリとの連携も可能です!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ