ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットを導入する際の注意点とは

ビジネスチャットを導入する際の注意点とは

 

ビジネスを円滑に実践したいのであれば、連携を取るためにもビジネスチャットのシステムを取り入れることが大事です。
社員全体が使いこなすことによって、会社全体の品質を向上させることにつながります。
ぜひとも早めに取り入れましょう。

 

 

無料で取り入れられる素晴らしいシステム

今の時代は、会社の中でやりとりをする際、電話等を利用することが滅多になくなりました。
基本的にパソコンに入っているアプリの1つ、ビジネスチャットを活用することになります。
ただ、ビジネスチャットと一言に言ってもいろいろあるため、業務用の使いやすいものを選ぶことが重要です。
もちろん、値段を支払って、特定の業者にシステムを構築してもらうことができるでしょう。
ただその前に無料で使うことができるビジネスチャットアプリに注目しておきたいところです。
もし無料で済むのであれば、それに越した事はないといえます。

〇機能を知って最大限活用
①まずは口コミ情報などを確認して、一般的に選ばれ続けているビジネスチャットアプリに注目してみましょう。
インストールするのは非常に簡単です。
パソコン普段から使っていて、社員全体が使い慣れているのであれば、後はそのアプリを起動するだけで簡単にチャットのやりとりができます。

チャットルームを作り、それぞれ管理しておけば、課ごとに分かれてチャットをすることも可能ですし、逆に全員を1つのチャットルームにまとめて、ネット上でミーティングを行うことも可能でしょう。
文字だけでやりとりをするのではなく、ボイスチャットが出来るようなビジネスチャットアプリも存在しています。
これなら、パソコン同士だけではなく、スマートフォンも連携して、時間と場所に縛られずにミーティングを展開することが可能です。

③さらに、パソコンとスマートフォンについているウェブカメラを使えば、お互いの顔を見ながらミーティングができるでしょう。
これなら、ネット上でプレゼンテーションを行うことも可能となります。

 

不足を感じたら業者にお願いをすること

〇気をつけるポイント
もし無料のビジネスチャットを使い続けて、不足していると感じているなら、そこで初めて有料のビジネスチャットアプリに目を向けることが大切です。

・もちろん、無料のビジネスチャットを探した時と同じく、噂話などを確認して、利用され続けているものを活用するのがベストだといえます。

業者によって評判も大きく異なるため、気をつけておきましょう。
ただ単純にビジネスチャットアプリを提供して終わりではなく、使い方などを教えてくれるようなサポートが充実した業者を選ぶことが大切です。

・また、その後でも定期的にアップデートやメンテナンスを施してくれるような業者なら、さらに安心して利用し続けることができます。

有料のビジネスチャットアプリは、無料のものに比べれば、明らかに機能が充実しているので、とても頼りになるでしょう。
ただ、どんなに機能が充実していても、それらを使いこなすことができなければ話にならないです。
実際に全員が特定のビジネスチャットアプリを使いこなせるように、会社で勉強会等を開くことも、大事だといえます。
1人でも使い方が分かっていれば、後から入ってくる社員などにも、その使い方を伝授し、円滑に社内でのやりとりを行えるようになるでしょう。
ITソリューションが中心となっている今の時代で、会社でチャットのやりとりをする事は、そんなに難しいことではなくなりました。
ただ、この業界はこの業界で、大きく進化し続けています。
できるだけ新しいソフトを利用して、時代の流れに乗り遅れないようにしたいところです。

 

あくまでも仕事のアプリであることを理解させる

また、ビジネスチャットアプリは、業務用アプリケーションとして見たときに、確かに優秀な存在だといえます。

・ただ、パソコン同士を使って、会社員同士で会話ができるようになるため、余計な会話をする社員も出てくるでしょう。
それを未然に防ぐためにも、会話記録が全て残るようなものにしておくことが大事です。
記録が全て残ると言うことがわかっていれば、社員も余計なおしゃべりをすることなく、仕事にだけビジネスチャットアプリを使うようになります。

・また、取り入れた段階で会社のコンプライアンスを更新し、チャットでプライベートな話をすることを、徹底的に禁止しましょう。
そこまでやれば、会社にも一丸となって、決まりを守るようになります。

・ちなみに、メール等と同じく、ビジネスチャットでやりとりした内容は、サーバー上で管理することが可能です。
特に、会社のパソコンだけではなく、業者と契約したならなおのこと、業者側のクラウドサーバーに管理したりできるでしょう。
もしこちらの方で重要なメッセージを破損してしまっても、業者側にお願いすることによって、バックアップデータから呼び出すことができたりします。
せめてこのくらいは、丁寧にやってくれるような業者にお願いしたほうが妥当です。
電話の内線ボタンを押すような事は、今の時代ではほとんどなくなってきました。
それに取って代わるかのように、ビジネスチャットのシステムが浸透してきています。
業務全体の効率化を図ることも、可能だと言えるでしょう。

〇まとめ
ビジネスチャットはうまく使いこなすと、強力な味方になります。
会社の結束力を高めるばかりか、全体的な作業効率化を図ることにもつながるでしょう。
最初に無料のものを使い、最終的に規模が広がったら、有料のアプリを業者に提供してもらうのが一般的な流れです。
メンテナンスも定期的に施してもらい、リスクを削減させることが重要となります。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧