ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットを導入する目的とは?

ビジネスシーンでのやり取りは顔を合わせて会話をしたり、電話やメールでのやり取りがこれまでの主流でしたが、現代ではもっと効率的な手段として、チャットを取り入れる企業が増えていて仕事を効率化するためにも最適な手段です。

 

 

 

 

メール送信とは違いチャットは修正をすることもできる

現代のビジネスシーンでのやり取りにメールは欠かせませんが、入力が早い人であってもサッと確認をして送信をした後に、伝える内容に誤りがあったり、文字の誤字脱字に後から気が付くこともあります。

後から気が付いてやってしまったと後悔をする経験は、ビジネスで仕事をする人であれば、大なり小なり1回は経験がある事です。

プライベートのメールであればまだしも、これがビジネスとなると間違いが許されないこともあります。

間違った内容に気が付いたときには、改めて修正をした内容を再度メール送信しなければならないですし、内容訂正のメール作成にも時間をとられ、読む側としても再度訂正された文章をまた読まねばなりません。

しかし、チャットを利用してのやり取りであれば、一般的なメール送信とは違いますので送信後でもテキスト修正をすることが出来ます。

ビジネスチャットを導入することで修正ができれば、それだけリスクも少なく安心です。

 

社内の会議にはどこにいても参加することが出来る

進化した現代では電話やメールをメインにしていたのをビジネスチャットに切り替える企業も増えています。

話をするにも伝えるのも直接顔を合わせて会話をすればよいですし、電話やメールも手軽に利用はできますが、会議などをするならチャットが便利です。

そもそも会話目的で作られたチャットですから、それぞれのページを利用することで、何人もの参加者がメッセージを書き込んで会話をすることが出来ます。

複数の人が参加をすることが出来て書き込みをすることも出来ますので、その会議中の会話内容は全て閲覧をすることが可能です。

パソコンからはもちろんですが、スマートフォンを利用しても会議に出ることが出来るので、会議に参加できない理由も、もうありませんね。

 

現場での濃い情報を管理職も含めて共有が可能

ビジネスシーンは人とのコミュニケーションで成り立ちますので、現場の最新情報を常にリアルタイムでキャッチできてこそ結果にもつながりやすいです。

でも現場の状況を直に知ることが出来るのは現場で働く人間だけであり、管理職となると少しそこからは遠のくので、リアルタイムで情報に触れるのは難しくなります。

プロジェクトを成功させるにあたり、コミュニケーションツールをチャットに切り替えることで、常に情報の共有をすることが可能です。

管理職であっても現場の状況を知ることが出来ますし、結論になぜ至ったかに関しても、それまでの流れまで知ることが出来ます。

ビジネスシーンではあらゆるプロジェクトが進行をしますが、進めていく中でトラブルが発生をしたり、緊急事態の対応に迫られるケースは出てきます。

それもかなり多くの件数が出てくるのも日常茶飯事ですが、緊急性が高いと判断できるような内容も、情報としてプロジェクトに関わるメンバー全員に、チャットであればすぐに伝達をすることが可能です。

メンバーの誰かが知らないということにはならないので、皆が情報共有をして対策をとることが出来ます。

 

時代は急速に移り行く中で社内でのコミュニケーションの手段にも変化が起きており、チャット導入の企業は大変多くなっています。

なぜチャットに切り替えるかといえば、それだけビジネスでの効率化につながることや情報の共有ができるなどメリットが多いためです。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧