ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャットの普及率はどれぐらい?

 

ビジネスチャットと言うサービスをご存知でしょうか。

簡単に説明すると社内で従来メールや電話などで行っていた情報交換や意思疎通がチャット化されたアプリによって簡単、迅速に出来るようになり業務の効率化とコミュニケーションの改善が見込める新しいサービスです。

メリットは作業効率改善と働く人の一体化

導入で触れた通り、ビジネスチャットは「チャット」による伝達を基本としているので、過去Eメールや社内SNS、電話で伝えていた情報伝達、情報共有が格段に高速化し、社内の迅速な情報共有が期待されるほか、スマートフォンなどで短い文章を書いて送れるので社員同士の意思疎通も容易になり一体感が生まれ、コミュニケーションが苦手な方も職場に馴染みやすくなるというメリットがあります。

国内、海外からさまざまな種類のアプリが提供されており種類も有料無料とさまざま、パソコンは勿論スマートフォンやタブレットなどの端末に対応しているため1対1でしか会話できなかった電話と違い対複数に送信して離れた場所に居ながら小さな社内会議が可能、短文を閲覧者が一度に見られるのでメールより迅速な行動を可能とさせ迷惑メールも勿論届かず、アプリの種類によってはスタンプ1つで気軽な挨拶なども可能なので会話が億劫な方にもお勧めでコミュニケーションに一歩踏み出すきっかけにもなり得ます

普及はそこそこ、使いにくさや情報漏洩のデメリットも

利点を説明すると、デメリットはないのか、本当に便利なのか、普及率はどうなのか。そんな疑問が湧いてきますよね。総務省によるとチャット系アプリの普及は年々進んでいて国内では民間企業の3割近くが利用しているという統計が取られています。海外ではより一般普及してきており、ある企業製のアプリはユーザー数が200万人を上回っているというデータがあります。この事情からアプリの種類とユーザーの利用率は国内より海外の方が多い傾向にあります。

これは日本が団体主義でどんな集団でも最初からある程度統率が取られやすいのに対し、海外は個人の実力主義で他人との連携を取る文化に乏しいためツールを使って個々の一体化による作業性向上が必要だからです。このことからビジネスチャットは海外で発展しアプリも海外製のものが多いのですが、これが利用する上でのデメリットとなります。我々が採用基準に求めるのが使いやすさと安全性、サポート体制でしょう。海外製は粗悪品も少なくなく、利用料を払っているのに機能が物足りなかったり有名メーカーがリリースしているものでも機能が独自でややこしかったり使い勝手が悪ければ利便性の意味がありません。そして交わしている情報が海外のメーカーに漏洩してしまう危険性が付きまとっています。不具合があっても海外メーカーは対応をしてくれにくいので要望が届きにくいです。

比較サイトや個人ブログで「利用料の高さのわりに恩恵を感じない」「国内製じゃないと不安だ」「情報が漏れているのではないか」という口コミも目にします。また軽く発言できる事が裏目に出て、同僚や上司の悪口、不満を言い合う事態が発生し逆にコミュニティの雰囲気が険悪になる可能性もあります。もっともこれは個々人のモラルで防ぐしかありません。

国内製が安心か、価格は、サポートはどうか

では国内が製造しているものが安心して使えるのか、有償アプリの方が安定して使えるのか、導入後のサポートはどうなのか。ある比較サイトでは「某国内メーカーのアプリが一番よい」と紹介され、ネット検索しても国産のチャットアプリはセキュリティ面が安心と言う書き込みが多く見られます。なら海外品は駄目なのか。これがそうでもありません。上記の比較サイトでは、2位に有料版と無料版を選べる海外アプリがランクインし、「無料でも多機能で利用者も多い」と肯定的なコメントがされています。

では利用料に関してはどうなのか。料金面も完全無料の海外品が高く評価される記事が検索で出てくるので、有料なら必ず良いというわけではなさそうです。しかし有料でも大した事ができないアプリも多数存在するという実際に利用した人の意見もヒットし、有料アプリはまずは評判を調べるなりした後で無償版を取り入れて社内全体で使わず少人数グループで使い勝手を試してから有償版の購入を考えるのが損をしない導入方法になるでしょう。ただし無料で多機能であっても不具合が生じたとき海外メーカーだと問い合わせが困難です。最後の問題はサポート体制の有無です。これに関しては国内メーカーが有無を言わさずリードしています。メール電話共に対応が迅速で言語も通じ、国内の口コミサイトに評価を投稿することで改善を期待する事ができます

利点、危険性共に紹介しましたが基本的に「多少高くても情報管理がしっかりしていて問い合わせも容易な国産アプリが望ましい」という見解に落ち着きました。次に「導入前に信頼度や普及度を検索などでしっかり調べ、国産、海外産にかかわらずまずは無料版から試し、駄目なら他のものを注意深く選ぶ」ことが重要と言えます。新しい機械が世に出れば私達は弊害にも目が行きます。しかし道具はあくまで人間が使うものですから、人間が道具に振り回されてはいけません。慎重な検討と正しい使い方を心がければ生活を豊かにしてくれるものになるはずです。

サイト内検索
ビジネスチャットランキング
TEんWA(株式会社テンダ)
ChatWork
SLACK
chatlack
LINEWORKS
記事一覧