ビジネスチャットを比較しておすすめのチャットアプリをランキングで紹介

ビジネスチャット比較ランキング

TEんWA(株式会社テンダ)
ビジネスチャットを通じて離職率の再現までが可能!?「TEんWA」

ビジネスチャットについて調べてみると、本当にたくさんのものが見つかりました。でもその中でわたしがもっともよいと感じたのは、株式会社テンダという企業が運営提供を行っている「TEんWA」というサービスです。このテンダという会社について知っているという人はあまり多くはないかもしれません。大企業というわけではありませんが、クラウドソーシングやラーニングシステムを開発し、中国にも支社を持つ実力派の企業です。

このTEんWAについて知ったとき「ああ、ひょっとするとこれからはこういう独自のサービスを提供できる企業が伸びるかもしれないな」と感じさせられました。それほどまでに、このTEんWAは他のビジネスチャットと異なる独自の魅力を持っているのです。

いったいその魅力とはなんなのかというと、単なるビジネスチャットではないということ。チャット機能によって遠く離れた社員同士がミーティングを行うことができるというだけではなく、なんとそれによって社員同士のロイヤリティを向上させ、うつ病を改善離職率低下につなげることができるというのです。

「本当かよ? なんか胡散臭くない」と思われるかもしれませんが、決してオカルトめいた機能が実装されているわけではありません。ストレートに言ってしまえば、ビジネスチャットに欠けてしまいがちな人間の感情の動きや思考をできる限り再現し、相手にうまく伝えられるようにするためのいろいろな機能が備わっているということなのです。このような面に配慮しているビジネスチャットはこのTEんWAだけ。人々のメンタルに関する問題が大きく取沙汰されるようになった昨今において、こうした「心への配慮」を重要視しているTEんWAは、非常に貴重な存在ではないかと思えます。

ポイント1
チャットだけでなく、社員のメンタルにも十分な配慮
ポイント2
エモーションスタンプ等の導入で無機質な雰囲気を作らない
ポイント3
統計機能によって社員の健康状態を把握することもできる
ポイント4
万全なセキュリティシステムによって情報漏洩対策は万全
ChatWork
非常に多くのユーザーが利用! 無料で使うことも可能な「ChatWork」
たくさんの魅力あるポイントを抱えながらも、とある問題点によって惜しくも1位へのランキングと相成らなかったのが、「Chatwork」です。同名の企業によって開発運営されているこのビジネスチャットは非常に高い知名度とユーザー数を誇っており、企業内でのデジタル会議やちょっとした連絡のやりとりのみならず、クラウドソーシング系のサービスにおいてもさかんに利用されています。日本国内のユーザー数だけで言えば、かなり大きい数字を持っていると言えるかもしれませんね。 このチャットワークですが、実は無料で利用することも可能なんです。もちろん、一部の機能は制限されてしまいますが、それでも基本的なビジネスチャット機能は十分に使えるので、この無料版だけを使っているという利用者も多いようですね。 実際にわたしが使ってみた中で「おっ」と思ったのは、かなりの多機能であるという点。ビジネスチャットを使う目的と言えばもちろん社員間での業務連絡等のやりとりに他なりませんが、「もっとこんなことをしたいな」「チャットをしている中でこういうことができればいいのに」といった要望はやはり出てきますよね。そんな利用者のシステムや機能に関する要望を、このチャットワークはくまなく取り入れているように思えました。 たとえば、チャット内で送信したメッセージに関しては、送ったら取り消しが効かないといったものが多いですが、このチャットワークであれば一度送信したメッセージを削除することができます。これなら、不要な発言をうっかり送信して周囲を混乱させたり、誤字で相手に誤解を与えてしまうといったことも起こらなさそうでいい感じです。また他に、引用機能も備わっています。これによって特定のだれかが発言した内容を相手に直接提示しながら発言することができるようになるので、より理解がしやすい、円滑なオンライン会議の進行が可能となっているのです。 後述するような欠点もあることはあるのですが、総合的な観点から見れば、このチャットワークはさまざまな機能を備えた、ユーザーのニーズに応えてくれるビジネスチャットツールと言えるでしょう。
ポイント1
導入企業170,000社以上の豊富な実績と信頼
ポイント2
業務タスク管理のためのさまざまなサポート機能を搭載
ポイント3
音声通話やメッセージ削除等、便利な機能多数
ポイント4
コンピューターが苦手な人には少々使いづらいかもしれない
SLACK
海外製でありながらも使いやすさから日本でも支持される「Slack」

3位にランクインしたのは、「Slack」というビジネスチャットツールです。1位のTEんWAや2位のチャットワークをすでに使用している方は、ひょっとするとこのツールの名前を知らないかもしれません。「ビジネスチャットツールについてはいろいろ調べていたけど、Slackというのは見つからなかったなあ」と思われている方もいるでしょう。それもそのはず、このSlackは日本ではなく、海外製のビジネスチャットツールだからです。

Slackは2013年、アメリカの会社であるスラックテクノロジーによって作られました。もともとオンラインゲームの開発を行うために用いられていたものですが、徐々にそれ以外の事業を行っている企業にも利用されるようになり、2017年時点では200万以上のユーザーを獲得していると言われており、世界中で幅広く利用されています。そしてまた、国内においてもユーザー数が着々と増えはじめ、大企業からベンチャーまでさまざまな組織によって用いられています。海外発のサービスでありながら日本国内においても支持を集めている理由は、ほかのビジネスチャットツールに先駆けて登場したという理由もありますが、それ以上にビジネスチャットツールとして使いやすかったというのもあるでしょう。

その利用形態に関してですが、基本的な機能に関してはフリープランによって無料で利用することができるようになっています。有料プランとしてはスタンダードプランとプラスプランが用意されていますが、これらの利用登録を行うことによって共有チャンネルやシングルチャンネルゲスト、マルチチャンネルゲストといった、企業間でのプライベートな話し合いを行うために欠かせない機能を使うことが可能です。また、音声通話やビデオ通話も用意されており、海外製でありながら臨機応変な使い方ができます。

無料でお試しするといったようなことも可能なので、ご興味のある方は一度使ってみるというのもよろしいのではないでしょうか。

ポイント1
海外ではメジャーな存在。ユーザー数200万以上
ポイント2
インターフェースがシンプルなため、直感的に使える
ポイント3
API連携による拡張機能でできることが増やせる
ポイント4
海外製のため、サポート対応が非常に弱い
chatlack
バランスの良さとセキュリティの高さが魅力的です

4位にランクインしたのは、「chatluck」です。このビジネスチャットツールを運営提供しているのは、ネオジャパンという会社。調べてみたところ、神奈川県横浜市に本社を構えている会社であり、大阪にも事業所を持っているとのこと。従業員は100名程度ではありますが、資本金は2億以上あり、やや大きめの中堅企業といったところでしょうか。

ビジネスチャットツールの運営提供のみならず、クラウドを利用したパッケージソフトの開発販売ネットワークインフラの構築等、ITテクノロジーに関するさまざまな事業を手掛けており、そうした分野には自信を持っていると見てよさそうです。

そんなネオジャパンが運営提供しているビジネスチャットツールのchatluckですが、そのウリをストレートに言い表すならば「ビジネスでの用途に特化したデジタルコミュニケーションツール」といったところでしょうか。

ビジネスであるかそうでないかとの間には、かなり大きな差があります。プライベートであれば笑って許されるようなことでも、ビジネスであれば許せないなんてこと、たくさんありますよね。そんな「ビジネス用に使えるのであれば、こういう風に設計した方がいいだろうな」「こういう機能があれば、ビジネスを効率化する役に立てられるのでは」といったような、ビジネスマンの観点から見てよいと思ったデザインや機能が多数盛り込まれています。

しかし、わたしが実際に使ってみた感想としましては、ビジネスのみならず仕事仲間とのちょっとした連絡のやりとり、はたまた友達やサークル仲間同士での気軽なコミュニケーションツールとしても十分に使用できるような印象を受けました。画面構成がかなり考えられているので直感的に見て使いやすく、操作を覚えるまでに時間を必要としないのです。サーバーが重いだとか、ボタンが押しづらい位置にあるといったような運用やデザイン面における欠点も特に見えず、個人的にはまんべんなく使いやすいビジネスチャットツールであるとの印象を受けました。

ポイント1
ビジネス業務に特化したデザインや機能が使いやすいと評判
ポイント2
セキュリティ対策に力を入れており、情報漏洩防止に強い
ポイント3
月額300円と比較的安価な金額
ポイント4
全体的に見るとサービス内容がパッとせず、他社に勝っている部分を見つけづらい
LINEWORKS
あの超有名アプリのビジネス版が登場「LINEWORKS」

このランキングの最後に紹介するのは「LINEWORKS」です。「LINE」と聞いてピンと来られた方も多いのではないでしょうか。その通り、このLINEWORKSは、あの通信アプリとして今や国内のみならず世界中で広く使われている「LINE」のビジネス版とも言えるビジネスチャットツールなのです。

「わざわざビジネス版のLINEなんて作る必要ある? ふつうのLINEを使えばいいんじゃないの?」と思われた方、よく考えてみてください。ふつうのLINEはビジネス目的にあまり向いていないのです。入力画面の小ささや「かわいらしさ」を全面に押し出したインターフェースは日常での用途であればなんの問題もありませんが、ビジネスに使おうと思った場合、ただ邪魔なだけです。大きなファイルが遅れなかったり、PCで開くと機能に大幅な制限がかかるといった点も大きなデメリットと言えるでしょう。

その最大の特徴は、膨大なユーザー数。LINEとLINEWORKSはあくまでも別ツールとみなされてはいますが、実はある程度機能を連携させることが可能となっているのです。だから、たとえばLINEしか使っていないプロジェクト協力者に対してもLINEWORKS用のIDパスワードを取り直させるといった手間がいらず、そのままいつものLINEでコミュニケーションをとることができるのです。先述したChatworkやSlackではこうはいきませんから、まさにLINEのこれまで培った実績を活かした利便性ではないでしょうか。

その上、従来のLINEのようにPCブラウザ版の画面が小さく、使いづらいといったこともありません。ビジネス目的の人がPCでも利用できるよう、デザインがほぼ一から組み直されています。今までほかのビジネスチャットツールを使っていた方も、はたまたLINEで不便さを感じながらビジネスのやりとりを行っていた方も、こういった改良点はかなりうれしいはずです。

このLINEWORKS、LINEを運営しているLINE株式会社やその協力会社であるワークスモバイルジャパンがかなり力を入れているプロジェクトのひとつであり、2017年よりさかんにCM等でのプロモーションを行っています。このままさらなる機能の向上に力を入れていくのは必須とすら言えるので、なかなか将来性の高いツールと言えるでしょう。

ポイント1
超有名アプリとの連携も可能です!
ポイント2
メール機能やストレージ、アンケートなど便利機能豊富
ポイント3
グループ作成機能がかなり融通が利く
ポイント4
いらない機能や欠点も少なからずあり

よく読まれている記事

無知ゆえにやらかしてしまったとある失敗からビジネスチャット選びの重要性を認識

このサイトをご覧になっているみなさま、はじめまして。わたしは都内に住む30代の男性で、長年WEB関連の事業を担う会社に勤めています。そのようなわたしがなぜこのサイトを立ち上げたのかといいますと、それは会社でやらかしてしまった「とある失敗」がきっかけとなったのです。

その頃わたしの会社で叫ばれていたのは、業務の効率化。「きたる高度情報化社会を迎えるにあたって、現状のシステムではあまりにも心もとない。もっと円滑に、なおかつ効率的に業務が行えるようにすべきだ」という意見が社内で強くなり、それまで長年用いられてきたシステム全般の見直しを行うこととなったのです。

その際注目されたのが、ビジネスチャットでした。それまでわれわれは電話やメールで社内や社外の人間とやりとりを行っていましたが、ビジネスチャットツールを導入することによって今までの伝達手段によるムダを大幅に省き、効率化することが可能ではないかということで、導入が決定されました。

しかし、いざ導入となった段階で、いろいろと困った問題が巻き起こったのです。わたしたちは当初、「ビジネスチャットツールなんてせいぜい数種類しかないだろ」とばかり考えていましたが、それは間違い。調べれば調べるほど、国内製から海外製までさまざまな種類のビジネスチャットツールがあることがわかったのです。

しかも、どれもこれもが「使いやすい!」「便利!」といった定型句ばかりをホームページに載せていて、どれを選んでよいのかまったくわからず。結局、このまま迷っていても仕方がないし、ビジネスチャットツールなんてどれも一緒だろうと考え、とある小さな会社のツールを利用することとしました。

ところが、これが大きな間違いだったのです。導入したビジネスチャットツールはしばしばトラブルに見舞われ、まともにメッセージを送信することがなかなかできません。おまけにインターフェースがかなりわかりづらく、まともにメッセージを送信したりファイルを送ろうとするだけでもいちいちマニュアルに目を通さなければならないという有様。そのことに対して提供元にクレームを入れても「使いこなせないお前が悪い」といったようなひどい対応をされ、結局得たのは損ばかり。このビジネスチャットツールを選んだわたしの責任まで問われかねない事態となってしまいました。

この失敗に懲りたわたしは、「ビジネスチャットツールは会社の要、だからちゃんと選ばなければならない」ということを実感。ネットでの情報のみに頼らず、実際の問い合わせやトライアル版のダウンロードによるテストを何度も繰り返し、ようやく信頼できるビジネスチャットツール業者を激選。データ通りのすぐれたシステムによって業務を大幅に効率アップすることに成功しました。

しかし、このような失敗をほかの皆様にも味わってほしくありません。お金をもらっていながら劣悪なサービスを提供する会社は、サラリーマンとして許しておけないからです。それが、このサイトを立ち上げたきっかけとなります。

このサイトは、わたしが独自の方法で調べた情報に基づくビジネスチャットツール開発提供業者をランキング形式で紹介。加えて、よりよい業者選びのためのコツについても解説させていただいております。

みなさま自身、そしてみなさまの会社の効率アップのために、このサイトが役立てばこれほどうれしいことはありません。つたないサイトではありますが、どうか見てやってくださいませ。

これからの時代、ビジネスチャットは絶対必要になってきますよ!

「会社に言われて仕方なく探してるけど、本当にビジネスチャットなんて必要なの?」「電話やメールで事足りるのではないでしょうか」と思ってる方、いらっしゃいませんか?事実、わたしも友人からビジネスチャットツール導入に関する相談を受けた際、このようなことを何度か言われました。

誤解を恐れず率直に申し上げるならば、誠に申し訳ありませんがその認識は間違っていると言わざるを得ません! これからの時代、ビジネスチャットツールは必ず必要になるからです。その理由について、お答えいたしましょう。

まず、現在社内の連絡手段として頻繁に用いられているメール。これは一見便利なように思えますが、実は大きな落とし穴がいくつもあります。まず、メールはあくまでも送信者と受信者、1対1の関係でしかコミュニケーションが成り立たないということです。メーリングリスト等のサービスを用いればある程度はカバーできますが、あくまでも「ある程度」。多人数でのコミュニケーションに不便なことは変わりありません。

そして、メールの大きな欠点は、大きなサイズのファイルをやりとりできないということです。メールに添付して送れるファイルはせいぜい数メガ。大きめの画像ファイルや文書を複数送ろうとすれば、すぐに制限を超えてしまうのです。

また、電話についてですが、これはもはや前時代的なツールではないかとわたし個人的には思っています。1対1でしかコミュニケーションを行うことができず、なおかつ周囲の騒音に大きな影響を受け、たびたび聞き間違いが発生して証拠も残らないので「言った言わない」な争いの種を生み出し、しかもファイルを送ることができない。動画なんて言わずもがな!

なぜここまで不便なものが今の時代まで生き残っているのでしょうか。不思議でなりません。おそらく、これからは消えていくツールのひとつでしょう。

ビジネスチャットツールであれば、これらの情報伝達手段が持つ複数の欠点をすべてカバーすることができます。複数人でコミュニケーションを取ることができ、しかもファイルのやりとりまでできてしまう。

メッセージでやりとりをするので騒音に悩まされる心配もありませんし、発言記録はちゃんと残りますからトラブルの火種にもなりません。加えて、PCのみならずスマホやタブレット等、端末すら選ばないのです。

ここまで便利なビジネスチャットツールが今後の主流にならない理由など、ありません。ライバルとの競争に打ち勝ちたいのであれば、一刻も早く取り入れるべきでしょう。

こんなビジネスチャットは絶対にオススメできません!

ビジネスチャットツールの重要性やメリットを理解し、「いざ導入」といきたいところではありますが、実はここからが重要です。ビジネスチャットツール選びをちゃんとしなければ、かつてわたしが踏んでしまったものと同じ轍を踏むこととなってしまいます。

もし、いいかげんな選び方によって低品質なビジネスチャットツールを選んでしまった場合、いったいどのようなことが起こってしまうのか、解説いたしましょう。

まず一番に起こり得るのは、ツール自体がとてつもなく使いづらいという事態です。日本で利用されているビジネスチャットツールには国内製のものもありますが、海外製のものも実は少なくありません。

その中には、どこの国で作られたのかすら分からない、あきらかに安く買い叩いたようなものが混じっている恐れがあるのです。そうしたツールは「直感的」「感覚的」といったことばとは無縁と思えるほど入り組んでいてムダに複雑であり、「はじめまして」のメッセージを送ることすら一苦労。しかも、翻訳まで適当になされていることも多々ありますから、妙なボタンを押してしまって連鎖的なトラブルが発生!といった事態も十分に起こり得るでしょう。

そこへ輪をかけるように発生するのは、不安定なシステムによるサーバートラブルでしょう。安価で低品質なビジネスチャットツールの多くは、それを稼働させるためのサーバーにもお金がかけられていません。ちょっとイレギュラーな事が起こればすぐ動作が不安定になります。むしろ、何もしなくても不安定になることだってあるぐらいです。

そうしてサーバーがダウンすればシステムは停止し、メッセージを送ることすら不可能となってしまいます。設備にお金がかけられていない低品質なビジネスチャットツールは、そうした状況が頻発すると考えてもなんら杞憂ではありません。

加えて、サポート体制も期待できません。問い合わせを行ったら英語で話されたというウソのようなホントの話もあるぐらいです。とにかく、ビジネスチャットツールのクオリティの差はかなりピンキリです。だからこそ、熟慮に熟慮を重ねて業者選びをすることが大事だと言えますね。

私としてはビジネスチャットにこんな機能がほしい!

最後に、わたしがもし新しくビジネスチャットツールを選ぶとなった場合、「こんな機能があればよいな」と思うものをあげていきましょう。

まず、もっとも重要だと言えるのはやはりセキュリティでしょう。現代社会はあらゆる手段によって情報伝達が可能となった分、たとえ些細な情報の漏洩であったとしても大きな損害につながりかねません。そういったことが発生しないよう、セキュリティに関してはあらゆる方面から対策を行っていただきたいですね。

次に大事なのは、インターフェースの分かりやすさ。いくら優れたシステムであるとは言え、使いこなせなければ何の意味もありません。だからこそ、なんの知識も持っていない人がパッと見ただけでメッセージを送ることができるような、そういった「視覚的分かりやすさ」「直感的分かりやすさ」が重要だと思います。

そして最後に、単なるチャット機能のみならず、さまざまな機能を備えていること。たくさんの機能を搭載していれば、そのアプリを起動するだけで多くの業務を行うことができ、余計な手間が省けます。そしてできれば、ほかの会社のものにはないユニークな機能をひとつは備えていてほしいですね。

以上がわたしがビジネスチャットツールを選ぶ際に思ったポイントです。ビジネスチャットおすすめ比較ランキングと合わせて参考にしてみてください。

記事一覧

  今注目されているビジネスチャットですが、導入する場合どの様なメリットがあるのかいまいち分からない ・・・[続きを読む]
ビジネスシーンで導入が進められているビジネスチャットとはいったいどんな物なのか メリットはあるのか ツールを利 ・・・[続きを読む]
  ビジネスチャットアプリを利用するなら、会社特有の機密事項なども取り扱うことになるはずです。 とい ・・・[続きを読む]
今でも同然のごとく活用されているビジネスチャットですが、実際にアプリは有料のものだけではなく、無料で活用できる ・・・[続きを読む]
ビジネスチャットは、ビジネスで活用できるチャットシステムのことです。 チャットルームを作り、そこで様々な情報を ・・・[続きを読む]